それもまた然り

なんか好きなこといろいろ書いていくらしいですよ

あかぎれが痛くてたまらないから『キズパワーパッド 指用』巻いてみた

f:id:soremomatashikari:20171225220555j:plainこの時期よくあかぎれになります。

手を水につけるのがいやになるので、なにかいいものがないか探していたところ、キズパワーパッドあかぎれにも効くそうなので買ってみました。

経過の写真を交えつついってみましょう。

買ったのは『キズパワーパッド 指用』f:id:soremomatashikari:20171225220557j:plain

いかにもあかぎれ用といった感じの指用。テトラポッドみたいな形をした絆創膏が関節用にあるそうなのでこれをチョイス。後で気づいたけど他のキズパワーパッドより枚数が少ない。つらい。

キズパワーパッドの特徴としては

  1. キズを乾かさず、かさぶたをつくらない
  2. パッドがキズから出てくる体液を吸って白くなり、キズ口に潤いを保つ
  3. 皮膚の自然治癒能力を高める。

モンハンで言う、『活力剤』的ポジション。

f:id:soremomatashikari:20171225220559j:plain

中身はこんな感じ。説明書と指用が4枚と指関節用が2枚入ってた。

f:id:soremomatashikari:20171225220604j:plain

袋破いた中身。初めてみると絆創膏とは思えない姿です。

巻いてみるf:id:soremomatashikari:20171225220606j:plain

粘着力が強くピタっとくっついた。巻いた後、指を握って温めるとより粘着力が強くなるらしいので1分ほど握るとさらに強固に。

f:id:soremomatashikari:20171225223430j:plain

そう思った矢先、うまく張れていなかったのか指関節用のパッドに折れ目をつくる。結局ここから水が浸入し内側からキズパワーパッドが剥がれてしまう結果に。

張り方が悪かったのかもしれないけど、指用みたいにぐるっと一周できなくてもともと剥がれやすい形状なんだと思う。

なので仕方なく関節に指用を巻いてみるとしっくりきた。泣きそう。

二日目f:id:soremomatashikari:20171225220608j:plain

指関節用は残念な結果に終わったけれども、指用はしっかりと張り付き関節の動きにストレッチ素材のキズパワーパッドはぴったりフィットしてずれないし、完全防水仕様なので手を水につけてもまったく痛くない。ここは本当に良かった。

f:id:soremomatashikari:20171225220610j:plain

とはいえ剥がれにくいと表記されているようにまったく剥がれないということはなく、キズパワーパッドのはじのほうから粘着力がなくなってきているのが分かる。それでも説明書には2、3日で経過を観察と書かれていたので、3日ぐらいならもちそう。

ちなみに特に異常がなければ最長5日は貼れるようです。

3日目f:id:soremomatashikari:20171225220623j:plain

さすがに3日目にもなるとキズパワーパッドが白くなってきた。

f:id:soremomatashikari:20171225220620j:plain

間接部分も浮いてしまっているし、はじも少し黒ずんできたので、ここで剥がしてキズを観察する。

あかぎれ治ってたf:id:soremomatashikari:20171225220626j:plain

間接は多少のでこぼこが残ってた。指のほうはどこにあかぎれがあったのか分からないくらい完治。

f:id:soremomatashikari:20171225220625j:plain

曲げてもキズ口開かないし痛くない! 貼れば痛くないし、治るって一石二鳥やん!

まとめ

使ってみて分かったのは

  • あかぎれに十分な効果がある
  • それでもキズパワーパッドは高いので頻繁には使えない
  • 6枚入りの指用買うより10枚入りの他の商品を買った方がいい

といった点ですかね。

あかぎれの痛みをやわらげるし、治してくれるのはとてもありがたいのですがいかんせん高い。なので軽度のあかぎれには安い防水絆創膏を使って、あまりにも痛い重度のあかぎれにはキズパワーパッドを使う選択をしたほうがいいです。

これからはあかぎれにならないよう保湿していきたい。

 

 今回紹介したのはこれだけど、下の商品のほうがいいと思う。

 それでは