それもまた然り

なんか好きなこといろいろ書いていくらしいですよ

自分が大好きな水上悟志先生のオススメ漫画『惑星のさみだれ』、『戦国妖狐』、『スピリットサークル』などなど紹介するよ

(2018/01/16 追記)

漫画は星の数ほどあれど、自分は水上悟志先生の作品が一番大好きだ!

初めて水上先生の作品と出会ったのは、大学生のころ。なにげなく『惑星のさみだれ』を買って読んだらもう虜。すんげー面白い。うわーこの作者やべーな、男の好きなの心得てらっしゃるなぁ、なんて思っていたら先生の作品を買い漁ってるぐらい魅力的。

自分めちゃくちゃ好きな作品は人にすすめたくなる症候群を患っているんですけど、殆どの水上先生の作品はすすめたくなるぐらい面白い。すすめて語り合うというよりこち亀のコラ張りに「良いよな?」と訊いて「良い」と言葉を交わしたい。そんなことがしたくなるのは漫画を読んでもらえれば分かる。語り合うというより暗黙の共感で繋がりたくなる作品たちなんだ。

ということで、暗黙の共感で繋がる隣人を増やすため水上先生の作品をオススメするよ。

 惑星のさみだれ

惑星のさみだれ (1) (ヤングキングコミックス)

惑星のさみだれ (1) (ヤングキングコミックス)

 

地球をでっかいハンマーで砕こうとする魔法使いと戦う力を与えられた一般人たちの成長物語

やっぱこれだね!

自分が水上先生の作品で初めて読んだ漫画なので思い入れがある。そんな思い出補正を除いても『惑星のさみだれ』はおもしろい。

『惑星のさみだれ』の魅力は分かりやすい話で緻密な心理描写と試行錯誤の戦闘。そして等身大なキャラクターたちだ。

キャラクターたちが料理作ったり、コスプレしたり、はたまた宅飲みしたりと普段平穏な日常で過ごしながらも、その時が来たならば死と隣合わせの戦いに身を投じる。とはいえ彼らは力を与えられたといってもただの一般人。死の恐怖を感じながらもいくつもの死線を乗り越え、そしてキャラクターたちはそれぞれの思いを交わし合いながら成長し、新たな一歩を踏み出す。覚悟キメてる!そんな姿がかっこいい!

全10巻なんで初めての人でも集めやすく読みやすいし、既読の人でも気軽に一気読みできるホントにおすすめ。

散人左道

散人左道 (1) (ヤングキングコミックス)

散人左道 (1) (ヤングキングコミックス)

 
散人左道 (2) (ヤングキングコミックス)

散人左道 (2) (ヤングキングコミックス)

 

 人に仇なす「障り」を退治するゆったりまったりバトル漫画

『惑星のさみだれ』で水上先生にどっぷりはまった自分は過去作品に手を出した。それがこの『散人左道』

『惑星のさみだれ』と比べると話が1話完結の連続短編なので読みやすい。さくさくと面白い物語を読めるので、読み応えがある。1巻終盤と2巻は前半の短編で散りばめた伏線を回収していく長編へとなっている。キャラクターの掘り下げが見事に達成されているので登場人物、というか隣人に愛着が湧く。こんな仙人みたいな生活したいし、ペンギンほしい。

ただ『惑星のさみだれ』の10巻というボリュームにこちらは2巻なのであっさりとした読後感。まあ仕方がないよね。

といってもこの『散人左道』を読んでおけば、後述の漫画が面白くなること間違いなし。

げこげこ・ぴよぴよ・宇宙大帝ギンガサンダーの冒険・放浪世界

げこげこ 水上悟志短編集 (ヤングキングコミックス)

げこげこ 水上悟志短編集 (ヤングキングコミックス)

 
ぴよぴよ 水上悟志短編集 vol.2 (ヤングキングコミックス)

ぴよぴよ 水上悟志短編集 vol.2 (ヤングキングコミックス)

 
宇宙大帝ギンガサンダーの冒険 水上悟志短編集 vol.3 (ヤングキングコミックス)

宇宙大帝ギンガサンダーの冒険 水上悟志短編集 vol.3 (ヤングキングコミックス)

 
水上悟志短編集「放浪世界」 (コミックガーデン)

水上悟志短編集「放浪世界」 (コミックガーデン)

 

水上先生の短編が収録された漫画たち。ジャンルは多様でクスッとくるものから、ホラーなもの、寓話的なものまで幅広い短編集です。

構図やコマ割り、短編アイデアを活かす演出などの才能の片鱗が見え、秀逸でついつい引き込まれる物語が多いので読んで損は無い4冊です。

エンジェルお悩み相談所

エンジェルお悩み相談所 (ヤングキングコミックス)

エンジェルお悩み相談所 (ヤングキングコミックス)

 

 これも連作短編で天使のおっさんと女の子が人間の悩みの相談にのります。解決はしたりしなかったりします漫画

水上先生のゆるさ真骨頂と呼べるような漫画。基本的深刻な話にはならずゆるく話をさっと読めるのに印象に残る話が多い。1つのテーマを持って描かれた漫画なので短編集の『げこげこ』『ぴよぴよ』『ギンガサンダーの大冒険』と比べるとボリュームがあるように感じる。

サイコスタッフ

サイコスタッフ (まんがタイムKRコミックス)

サイコスタッフ (まんがタイムKRコミックス)

 

美少女宇宙人が天才サイキッカーの主人公をスカウト(誘拐)しにきたぞ漫画

連作短編が多い水上先生の中でも珍しい1巻完結の続き物。ボーイミーツガールモノで世界観や設定的には『惑星のさみだれ』の前身にあたるためか似た雰囲気がある。

この漫画に関しては語るよりも読んでもらったほうがいいです。絶版になったため漫画図書館Zで読めるんで。

水上先生の作品の入門にもおすすめだし、純粋に青春SFとしても楽しめますよ。

サイコスタッフ - 水上 悟志 | マンガ図書館Z - 無料で漫画が全巻読み放題!

二本松兄妹と木造渓谷の冒険

二本松兄妹と木造渓谷の冒険 (ヤングキングコミックス)

二本松兄妹と木造渓谷の冒険 (ヤングキングコミックス)

 

 炎と氷の半妖精兄妹が座敷童をお守りする漫画

サイコスタッフに続く一巻完結の作品。一家の悲願を叶えるため座敷童ねりねを狙う零堂家とそれを守ろうとする二本松兄妹の物語。

設定は戦国妖狐などでもおなじみの闇(かたわら)が登場する日本ファンタジーで、バトルものでシリアスでありながらゆるいという水上先生らしさが満ち満ちている。あとすずめがかわいい。

戦国妖狐

戦国妖狐 1 (コミックブレイド)

戦国妖狐 1 (コミックブレイド)

 

魑魅魍魎・亡霊・変化の総称「闇(かたわら)」と「人間」の、種族を超えた協力・信頼・友情をテーマにした水上先生にとって最長編のバトル漫画。

『戦国妖狐』はなんといっても多種多様なキャラクターが登場する点が一番の魅力。戦国時代という今とは価値観が違うだけではなく、「闇(かたわら)」という存在がこの世界に生きるキャラクターたちをかっこよく、おもしろく、そして予想を裏切るような存在にしている。

また恋愛模様を描いたり、師弟関係を描いたり、親子の絆を描いたり、オーソドックスなおもしろさを兼ね備えている。そしてその展開は紆余曲折しながらもキャラクターたちが試行錯誤し真正面から向き合っていく姿はとても痛快でした。

後、『散人左道』と短編集の『百鬼町シリーズ』と密接なクロスオーバーをしているので読んでいたほうがより楽しめますよ。

 スピリットサークル

スピリットサークル (1) (ヤングキングコミックス)

スピリットサークル (1) (ヤングキングコミックス)

 

1つの魂が経験した過去・現代・未来の人生「過去生」を体験しながら、ヒロインとの因縁を読み解こうとする輪廻転生をテーマにした漫画。

「過去生」という人間の一生の物語が死ぬまでを体験していく展開で、短編のようにさくさく読める。「過去生」から人の思いを感じ取ったり、現代の友人との関わりのルーツを紐解いたりと、最終巻へかけての収束が読んでいて「アァッ!……アアッ!」って言葉しかでなくなる。それぐらいすごい漫画。そんな漫画が6巻ですっきり読み応えたっぷりなんだからもうすごい。

おれのまんが道(仮)

www.pixiv.net

ヤンキングアワーズの持ち込みページで掲載されたエッセイ漫画

pixivに上がっていたのでこれも一応作品ということで。水上先生がどのような人物で、どのように漫画を描き、どのようにして漫画家になったのかが描かれています。

漫画だけではなく作品を仕上げる人にとって大事なことも描かれているので読む価値あります。

FGOまんが日記

TwitterでアップされたFGOまんが日記

 自分FGOやってないんですけど、ゆるくて面白い。FGOやろうかな

まとめ

水上先生の作品の魅力伝わっただろうか。じぶんの稚拙な文章で「なんだこの漫画つまんなそー」とか思われたらすげー申し訳ない。

でもどうか読んで欲しい。すげーおもしろいからさ

それじゃ